HOME > 新着情報 > 液化窒素容器(シーベル)破損事例と点検のお願い
新着情報
2016.10.25|液化窒素容器(シーベル)破損事例と点検のお願い
弊社液化窒素容器(シーベル)を使用のお客様にて、液化窒素を充てんした当該容器を雨中で保管していたところ、
液出入り口(充填口)付近での雨等の氷結により閉塞して(推定)、当該容器の破損事象が発生いたしました。

<再発防止措置>
取扱説明書に雨中での保管に対する注意情報を記載しておりましたが、「点検チェックシート」、「雨中移送時の
注意事項」等を追記致しております。下記に添付の取扱説明書をご参照下さい。

<主要点検項目>
1.取扱説明書の注意情報を準拠して下さい。
2.容器の外観に凹凸等の変形有無を確認して下さい。
3.チェーン付きのキャップの取り付き状態を確認して下さい。
4.容器の着霜、結露を確認して下さい。
5.保管、運搬時に容器に雨水等がかからない養生を実施して下さい。
6.「点検チェックシート」による点検を実施して下さい。

なお、デジタルカタログにリンクされている「取扱説明書(和文、英文)」は、現在改定中です。恐れ入りますが、
本記事に添付の最新版をご使用下さい。




記事一覧に戻る